Fatty®︎’s blog

日常の気がついたことを書いています。GOLDカードでどこまで楽しめるのか、目指すは完全なるキャッシュレス生活。

キャッシュレスライフとは

最近はなんとなくモスバーガーの閉店が多いような気がします。知ってるお店が2つ閉まっていました。

やはりモスバーガーではクレジットカードが使えないことも、消費行動に影響しているのでしょうか。

 

f:id:nmura732ci:20160625205028j:image

 

ところで、クレジットカード支払いをしない現金派の人たちは、どうやらクレジットカードを「カネが無い奴らのツケ払い専用カード」だと思っているフシがありますね。

確かに割賦販売のためのカードから普及した経緯から、そういう一面はあるのでしょう。

アメリカでのダイナースやアメックスのように、金持ちが現金を持たないで顔パスで買い物したり食事したりするために作られた経緯とはかなり違っています。

 

 f:id:nmura732ci:20160625213030j:image

 

特にアメックスは、小切手のように使えるように随時事前入金できるようになっています。小切手を切る前に、当座預金に入金しておくのと同じですね。

違うのは利用額に応じてポイントが付与されることです。

 

f:id:nmura732ci:20160625213108j:image

 

例えば10日ごとに、こんなふうに大まかな入金をしておきます。

もちろんネットバンキングなので、銀行へ行くことなどありません。

この方法は、慣れてくるととても便利で、しかも引き落とし日に口座に資金移動していなかったようなミスも防ぐことができます。

先に入れた分しか使わないのですから、債務超過になる可能性もゼロです。

 

また、残高補償のないプリペイドカードとは違い、完全な補償付きですから落としたり盗まれたりしても安心です。

海外で紛失した場合など、緊急再発行したカードをホテルまで届けてくれるのも、アメックスならではです。

 

ANASFCの場合、発行がVISAなので完全な事前入金はできませんが、翌月10日の引き落とし額が確定すると先に入金することもできます。

こちらの場合はアメックスと違って、振込手数料を負担してもらえないので、銀行ATMから入金しなくてはなりません。

そのため、実際にやっているのは、その確定額よりほんの少しだけ少ない引き落とし額になるようにウェブ上で調整する作業です。

 

これは三井住友VISAのマイペいすリボというシステムを有利に使うためで、わずかでも金利が発生すれば、利用額全体のポイントが2倍になるというものです。

先月は4円だけ金利を発生させましたが、今月もほんのわずかだけ金利が発生するように調整します。

具体的には1000円程度が翌月に繰り越すようにしておけばOKです。

 

これを全額マンスリークリアにしてしまうと、ポイントが2倍にならず、得られるメリットは半減します。

ANAVISAカードを持っている人なら、皆さんやっていることですね。

 

以上のようなやり方をしていると、翌月に残るツケは1000円くらい。

これなら借金が累積することはありません。

 

現金ならそんな手間も要らないのに、と言うかもしれませんが、現金払いではポイントなど何のメリットもありませんし、紛失や盗難のリスクもついて回ります。

 

今月も結局のところ、現金では1000円くらいしか使いませんでした。

タリーズコーヒーでの打合せと、郵便局での切手代、書留代金などです。

 

ほぼ完全なキャッシュレス生活ですが、小銭をジャラジャラさせることもなく、とても快適です。

 

 

 

追記

2月の記事ですが、JR東日本が意外とキャッシュレスの先陣を切ってるみたいですね。

 

cards.hateblo.jp