読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fatty®︎’s blog

日常の気がついたことを書いています。GOLDカードでどこまで楽しめるのか、目指すは完全なるキャッシュレス生活。

ソウルでの戦利品

海外旅行と言えば、お得な免税品を手に入れられるのも魅力です。

今回のソウルでは、長財布と名刺入れを新調してみました。

 

f:id:nmura732ci:20160619224928j:image

 

ボッテガヴェネタの長財布。

公式サイトを見ると、正式名称は「ネロ  イントレッチオ インペラトーレ」

いわゆるラウンドファスナーのタイプですね。

 

f:id:nmura732ci:20160619224941j:image

 

2列の編み込みがアクセント。

通常のイントレチャートとデザインが違うところが気に入りました。

ちなみに日本の公式価格は、102600円。新羅免税品での価格は790USドルでした。

 

この価格は、他の免税店でもほぼ同じ水準でしたが、免税店でない普通の百貨店で同じ物を買おうとすると、その後に消費税の還付を受けても1090ドルほどになってしまいます。

つまり、絶対的な価格そのものが免税店では格安になっているのです。お気に入りの物が品切れだった場合は、現地購入は諦めて、日本の公式サイトで購入する方が安くなることもあります。

 

f:id:nmura732ci:20160619225032j:image

 

中を開けると、カードスロットは8つありますが、それではちょっと足りないので真ん中の小銭入れ部分にもコストコのメンバーズカードなど数枚を入れてあります。

ラウンドファスナーですから、中身はたっぷり入りますね。ファスナーを閉めてしまえば、中身が落ちる心配がありません。 

 

f:id:nmura732ci:20160619225054j:image

 

こちらは新調した名刺入れと、以前から使っているコインケース。

名刺入れの正式名称は「ネロ イントレチャート VN カードケース」

スナップボタンのない、シンプルなタイプです。

 

f:id:nmura732ci:20160619225106j:image

 

マチがありますので、かなりの枚数の名刺が収納できそうです。

使い勝手もなかなかよし。

こちらの日本での公式価格は、41040円。新羅免税品での価格は320USドルでした。

 

f:id:nmura732ci:20160619225126j:image

 

こちらは数年使ってきた長財布です。

いい感じのヤレ感が出てきたところなので、日常では使いませんが、海外旅行での現地通貨用として使うつもりです。

それまではメンテしてお休みですね。

 

個人的にお札を折り曲げて持ちたくないので、長財布を選択します。二つ折り財布だとお金が貯まらないような気がしてしまうんですね。

まあ大して現金を持ち歩かないのに、そんなことを言うのも変かもしれません。

 

f:id:nmura732ci:20160619225135j:image

 

新調した長財布と名刺入れの代金は、もちろんアメックスで支払いましたが、出発前に事前入金してあるので、この分の代金が後で引き落とされることはありません。

こういう小切手みたいな使い方がしやすいのが、アメックスのいいところです。

 

これからは、この真っ黒な編み込みの3点体制でいきます。