Fatty®︎’s blog

日常の気がついたことを書いています。GOLDカードでどこまで楽しめるのか、目指すは完全なるキャッシュレス生活。

nanacoで住民税を払う

午前中に住民税の納付書が届きました。

例によって、現金で払っても何もメリットがありませんので、住民税もnanacoで支払います。

 

f:id:nmura732ci:20160611192102j:image

 

でもnanacoで払おうとすると、セブンイレブンの店員さんは「ポイント付きませんがよろしいですか?」と言ってくるはずです。

そのとおり、nanacoで公共料金や税金を支払っても、セブンイレブンでは何もポイントは付与してくれません。

単に24時間収納代行してくれるだけなのです。

 

どこでポイントを産み出すかというと、それはこのnanacoにクレジットカードでチャージする時になります。

nanacoチャージがポイント対象外になっているカードが多いので、よく確認しないと無駄になるので、ご注意下さい。

 

ちなみにチャージに使用しているのは、YahooカードJCBです。月間の利用総額に対し、100円あたりTポイントが1ポイント付与されます。

例えば自動車税と住民税で10万円なら、Tポイントが1000ポイントです。

 

これは実質的な税金の割引になりますので、やらない手はありませんね。

 

個人的にひとつ気になることと言えば、チャージされたnanacoには何の保険もかけられないので、紛失のリスクです。

現金にも当然に同じリスクがありますが、nanacoはクレジットカードのような不正使用に対する補償が何も無いのです。

 

そのため私は、支払いにセブンイレブンに向かう直前にPCでチャージすることで、わずかでもリスク回避しています。

常に5万円フルチャージしているnanacoを持ち歩くのは避けたいです。

 

同じような意味では、いきなりステーキの肉マイレージカードも紛失のリスクが高いです。

キャンペーンで5倍チャージボーナスなどに惹かれて、ついついフルチャージしてしまいますが、もし落としたり盗まれたりすればおしまいです。

 

まだ3万円くらいのチャージ残高があるのですが、それを使いきったらもう肉マイレージカードへのチャージはしないつもりです。

マイレージプラチナカードは、これまで食べた肉の量を記録するだけにして、

支払いはアメックスかANAカードで行う予定です。